脱毛器 高校生

高校生でも買えるお手軽な脱毛器

中学生から高校生にかけて全身の体毛は殆ど生えそろってきますね。

 

高校生を卒業するころにはすっかり全身が大人の体毛に成り代わって立派な成人になって行きます。

 

その中でも体毛の薄い人から濃い人まで人さまざまですね。

 

毛の生えている部位によっても様々な違いが出てきます。

 

腋毛が濃い人、ひげが濃い人、陰毛が濃い人、手足のムダ毛が濃い人など様々ですね。

 

高校生でも体毛のムダ毛に悩んでいる人ってとても多いものなんです。

 

それで脱毛サロンなどが今、ブームで色んなサロンがどんどん開店してるんです。

 

でも高校生にとって脱毛サロンは気軽に通うことは経済的にもかなりお高いので難しいものです。

 

なので自宅で簡単に出来る家庭用の脱毛器が高校生にも人気になっているんですね。

 

家庭用脱毛器といってもピンからキリまであるんで選ぶのにも迷ってしまいます。

 

ここでは高校生にオススメの格安の脱毛器からちょっと高価な脱毛器を紹介しますので参考にしてくださいね。

 

初めて脱毛器を選ぶんなら安くて効果のあるものが一番いいですからね。

 

家庭用脱毛器【格安のものから高価なものまで】

 

アイリスオーヤマの光脱毛器:エピレタの特徴

エピレタは特許のHPL(ホームパルスライト)という光と超音波のW作用で肌に優しい脱毛を実現しています。

エピレタは15万回の照射が可能となっているので約5人分の照射が可能となっています。

ワキならわずか10秒、片脚でも約15分のスピーディな脱毛が手軽に行えます。

220gと軽量の手のひらサイズなので操作がしやすくなっています。

又、照射面が肌に密着しないと照射ボタンを押しても照射しない設計になっているので目にも安全です。

肌色センサーを内蔵しているので日焼けなどで使用に適さない肌色の場合にはセーフティ機能が働き照射されなくなっていて大切な肌を安全に守ります。

価格的にもこの脱毛器は高校生にオススメです。

価格 29,800円
評価 評価4
備考 送料無料
(インテンスパルスライト)方式脱毛器:ツーピーエスの特徴

ツーピーエス脱毛器はサロンでも行なわれているIPL(インテンスパルスライト)方式を家庭用に採用し、フラッシュ脱毛、光脱毛、IPL脱毛等と呼ばれる本格的なサロンレベル脱毛を自宅で手軽に自分で行える脱毛器です。

ツーピーエスの光脱毛器は待ち時間のストレスがないスピード脱毛が出来ます。

Wフラッシュ採用のエステサロンなどの業務用で使用できるほどのハイパワーをもっています。

オートショット機能が搭載されているので簡単に自動脱毛が出来るのも魅力です。

超短時間発光なので脱毛力が強いのに痛くない脱毛を実現しています。

13万回ものの自動照射が可能で使いやすく脱毛力がスゴイ脱毛器です。

価格が高いので高校生なら誕生日などのプレゼントに親から買ってもらうのが良いかもっていう脱毛器ですね。

価格 40,556円
評価 評価4.5
備考 送料無料
光脱毛器の王様:ケノンの特徴

ケノンは特殊発光テクノロジーにより発光時間が驚くほど短いため肌への負担が極限まで抑えて脱毛が出来ます。

業務用の脱毛器でも世界的に採用されているキセノンフラッシュの技術が採用されています。

ケノンに搭載されているフラッシュ光は黒い色素に反応させる特殊光で肌への負担を最小限に抑えムダ毛のみにダメージを与えることが出来ます。

全身たっぷりの照射回数は自動式で20万回となっています。

超広範囲かつ高速の照射が可能で全身なら一回60分で脱毛が完了してしまいます。

一番価格は高価な脱毛器ですが、楽天でも連続一位の人気のある家庭用の脱毛器です。

末永く使うのならケノンがその実力ではナンバーワンの脱毛器と言えるでしょう。

家族でも一緒に使えるので親に相談して買ってもらうのが一番の脱毛器ですね。

価格 69,990円
評価 評価5
備考 送料無料

 

【アイリスオーヤマ:エピレタの光脱毛器】

 

高校生の脱毛について容認している親は現在、沢山います。

 

金銭面についても自分のお小遣いやアルバイトで稼いだお金であれば脱毛しても良いという意見が過半数です。

 

現在のところ多くの親は高校生の脱毛について認めている傾向にあります。

 

高校生が脱毛するのはまだ早いと考えている親もいますが、高校生の脱毛は医学的にも問題はなく、かえって余計なムダ毛を処理せずにいるよりも脱毛した方が将来的に綺麗な肌を保つことが出来るのです。

 

高校生が脱毛することを容認する3つの理由を紹介します

高校生が脱毛してもOKな3つの理由

1.カミソリ・毛抜きの肌への弊害の危険性がある。

 

一般的にムダ毛処理に使用されるのがカミソリや毛抜きですね。

 

実はカミソリや毛抜きは間違った方法でムダ毛処理に使い過ぎると肌のトラブルの原因となってしまいます。

 

カミソリの刃は肌に細かな傷を付けてしまう危険があるので乾燥肌や肌荒れの原因となってしまいます。

 

さらに長期間のカミソリの使用は黒ずみの原因にもなってしまいます。

 

毛抜きも元気な毛を無理矢理引き抜くために肌や毛穴にダメージを与えてしまいます。

 

脱毛器などで脱毛することでカミソリや毛抜きを使用した時のトラブルが予防出来るので効果的です。

 

2.高校生の脱毛は医学的には問題ないとされている。

 

16歳以上で2回以上生理がきていれば脱毛サロンでの脱毛施術は可能です。

 

脱毛が心配な原因の一つに子供の成長がありますが以上の条件を満たしていれば脱毛することに問題はありません。

 

基本的には16歳以上であれば脱毛は可能である場合がほとんどです。

 

高校生になってオシャレへの関心が高まってくるとムダ毛も気になり脱毛したくなるのです。

 

自分よりも早く脱毛した友達などがいると尚更脱毛願望が高まってくるのですね。

 

それで間違った自己処理で肌を傷つけたりするよりも光脱毛に切り替えた方が後々の結果が良くなるのです。

 

思春期の中学生の場合はまだまだホルモンバランスの変化が多く体毛の状態も安定していないため脱毛しても効果が十分に得られないのです。

 

なので脱毛は完全に医学的に見て成長してからのほうが無難です。

 

女の子の成長期は高校生になる頃には安定しているので高校生になってからの脱毛処理は脱毛効果が得られるためです。

 

このように脱毛処理自体は肌に悪影響があるワケではなく成長を妨げるものでもないので成長期が終わってホルモンバランスが安定してきた高校生であれば問題はないのです。

 

3.高校生の内の脱毛は時間を作りやすいメリットがある

 

高校生のうちに脱毛をするのは生活面でもメリットがあります。

 

それは学生時代のほうが社会人になってから脱毛するよりも圧倒的に時間を作りやすいからです。

 

勉強を最優先しなければならないことはもちろんですが春休みや夏休みや冬休みなどの長期休暇の時や放課後などの時間があるので脱毛の時間が作りやすくなります。

 

社会に出てから脱毛に通おうとしても金銭的な余裕はあっても時間的な余裕がなくなってしまいます。

 

時間を作りやすい学生時代に脱毛しておくことは社会人になってからに比べてはるかに有利なことなのです。